Entries

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://gerika.blog95.fc2.com/tb.php/23-67b1ea39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
0210
桐青オンリーで出会ったメオト本があまりにどストライク過ぎて毎晩寝る前に読むのが日課になってるゲリカです。おばんです。

我ながらちょっとキモい…�������

でも本誌での登場があまり期待出来ない今、どストライクな薄い本を読んでその余韻に浸りつつ更に自分の妄想を膨らませて飢えを凌ぐのです。
桐青の事考えてると幸せ�n�[�g



以下はメオトで支離滅裂な感じに垂れ流し。

3年間の高校生活において1年の差というのはとても大きい。
ましてや部活ともなると一緒に過ごせるのは僅か1年ちょい。

桐青野球部は高等部になると強豪と呼ばれるレベルだけど中等部はさほどではなくて和さんと準太と利央はその中等部からの持ち上がり組。
もしかしたらシニアでやっていた可能性もあるけど同じ持ち上がりOBの呂佳さんの回想や、武蔵野観戦の際のくだけた感じだと3人共中等部で野球をやってきている気がする。

最初に和さんが高等部へ入って。
その後準太も高等部へ。

高等部の野球部はレベルが高く部員数も多く、外部入学組の中にはシニア出身もいただろうから硬球に慣れていないという点で既にスタート位置に差があったであろう中で準太は2年ながらにエースの座を勝ち取った。
限られた期間でバッテリーを組む為に努力してきたんだと思う。
でもこの時点で1年上の和さんとバッテリーを組んで野球が出来るのは長くても4ヶ月。
凄く短い。
だから2人にとって夏大の意味するところはとても大きかったと思う。

和さんにとっては高校で野球が出来る最後の夏。
準太にとっては和さんと一緒に野球が出来る最後の夏。

それがあっという間に終わってしまった。
全員1年の無名校によって終わりを告げられた最後の夏。

それがそれぞれに齎した影響は多大なもので
部活を引退した和さんは暫く人間ひっくるめて野球に関する全てのものを遠ざけたし残された準太は部活に出てこなくなった。
結果的には2人共野球から逃げてしまったわけなんだけど和さんにしてみれば望んでももう自分がそこに関わる事は適わない、でもまだやりたい事が沢山あった、沢山のものを「残して去らなければならない辛さ」で、準太にとっては敬愛してやまない先輩を自分が投げた試合で終わらせてしまったのに自分はまだその場に立っているという「残された辛さ」。
どっちがマシなんてない。どっちも辛かったと思う。

準太が部活に出てこない本当の理由は明確になってないけど残された立場である事に対する自責の念は少なからずあると思う。3年レギュラーとあれだけ仲が良さそうならそれは尚更の事。
或いは和さんとの最後の夏が一瞬で終わってしまってバーンアウト状態になってるのかもしれない。
それ以外に考えられそうなのは準太にとって夏大初戦敗退というのは初めて味わう大きな挫折だったという見方。
これは杉山さんが準太の事を「三橋ほど練習熱心ではない天才肌」と言っていた所から。
準太は勿論自分なりに努力してきたと思うけどもしかするとこれまで何をやってもそつなくこなせるというか人より上手く出来てきてしまう部分があったのかもしれない。
そこにきて初戦敗退。
強豪と呼ばれる桐青が初戦でしかも無名校に敗れるなんて周りも予想だにしなかった筈。
初めて壁にぶちあたった結果乗り越えられずに野球から逃げているのだと考えると杉山さんのこの解釈には凄く納得。
まあこの辺全部ひっくるめてぐるぐるしてるのかもしれない。

2人が同学年だったらと考えたりもしたけど多分私は1年の差があったからここまで2人が好きになったのだと思う。
一緒に終わるんじゃなくて甲子園出場という夢が引き継がれていくという所に惹かれたのかな。
限られた時間を共にする為に1年の差を少しでも縮めようと頑張ってきてそれが終わりを告げた時もっと一緒に野球がしたかったと周りを憚らず大泣きした準太の一途さが好きだし、1年下である準太を尊重してより上へ行ける様手を差し出してくれていた和さんだからこそ好きなんだ。
試合が終わって呂佳さんとトルファンで情報交換した時の「(桐青の投手=準太は)ヘボじゃないっすよ」って台詞はどんな結果だったにしろ和さんにとっては真実なんだと思う。

最近のアフタで和さんが誰かに「部活に顔を出す」という内容のメールを送っていたけどあれは準太に対してだったら良いなと思っています。
利央からのメールで準太が部活に出ていない事は知っているけど自らがそれについて直接口を出すのではなく、さりげなく準太が部活に来るきっかけを与えてあげてたらいい。


で準太が部活に戻れたら「来年は頼んだぞ」って言ってくれたらいいな。
直接な部分は利央頑張れ!


来年は準太と利央の新バッテリーとそれを応援しに来た和さんが見られます様に。
次こそは桐青っこ達が笑顔で終われます様に。
本当桐青大好きだー☆









コメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

トラックバック

トラックバックURL
http://gerika.blog95.fc2.com/tb.php/23-67b1ea39
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

ゲリカ

Author:ゲリカ


何処でもATフィールド展開可能。
振り,地球へ…,ガンダム辺りを
振りーダムにこっぷれしてます。
天秤B型月双子。

トォニィのグランパか桐青監督か近藤さんになるのが夢。

mail:keika_mikageyahoo.co.jp
→@

出没
自重中。


目下制作&調整中
トォニィ
マツカ
沖田総司
池田光流(笑

気になる
薄桜鬼,裏僕,etc...



絶賛プレイなう。

つれづれ。

思念体はこちら

 

ピッチャーがんばれー


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
[PR] ダコタ 財布
miumiu 長財布 ロレックス ミッキー リズ リサ ワンピース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。